ログイン 
閉じる
未来の大阪の環境問題を考え、大阪のゴミ・廃棄物処理に取り組む『新地衛生』。大阪のよりよい環境づくりのパートナーをめざします。
 
 
 
ホーム > 事業内容 > 産業廃棄物収集運搬 
「産業廃棄物」の収集・運搬および処分は、排出者に処理責任があります。
しかし、排出者自ら収集・運搬・処分が難しく、そのほとんどが私どものような「産業廃棄物処理業者」に委託されております。
私たち「新地衛生」では、排出者さまのご依頼によりお客さまがご契約・委託されている処分事業者まで安全に収集・運搬させていただいております。

「マニフェスト」の運用により廃棄物の流通が正確にわかり、安心・安全を心がけて処理させていただいております。
また、
「公益財団法人日本産業廃棄物処理振興センター」が運営する電子マニフェストにも対応いたしております。
>>> マニフェスト制度
 
産業廃棄物の処理状況(受入量・運搬量)については以下のリンクをご覧ください。
 
排出先・収集先での収集
廃プラスチック、金属くず、ガラスくずなどの産業廃棄物をお客さまのご要望の時間・場所に伺い、収集させていただきます。
取扱品目は、各都道府県により異なります。以下の「取得許可証」をご覧ください。
>>> 取扱品目・取得許可証

弊社では紙・カン・ビン・ペットボトルのリサイクルにも取り組んでおり、お客様のご要望に応じてリサイクル品の回収も行っております。リサイクルの場合は、紙・カン・ビン・ペットボトル等の分別をご協力頂きます。
 
 
 
廃棄物を処理施設へ運搬
廃棄物の種類に応じた運搬車両(パッカー車・ダンプ車・コンテナ車など)にて、廃棄物処理施設へ運搬します。
廃棄物は種類ごとに焼却工場、破砕工場など、各処理施設、選別加工業者、古紙再生業者などへと運搬します。

>>> 保有車輌
 
 
 
   
中間処理施設

燃やすことのできる廃棄物は、民間の焼却施設へ、また金属くず、紙くず、汚泥の一部などはリサイクル処理、廃プラスチックの一部は固形燃料へ転用などのため、中間処理施設に持ち込みます。
(お客さまのご指定の処理施設まで運搬します)
 
 
 
最終処分施設
中間処理を終えた再生資源物は、製紙メーカー、製鉄メーカーなどへ運ばれ、再び利用される製品となっていきます。
また、再生資源化できないような焼却灰、破砕物等は環境センターや法で定められた廃棄場所で最終的な廃棄処分されます。