ログイン 
閉じる
未来の大阪の環境問題を考え、大阪のゴミ・廃棄物処理に取り組む『新地衛生』。大阪のよりよい環境づくりのパートナーをめざします。
 
 
 
ホーム > 事業内容 > 再生資源物取扱及びリサイクル 
「再生資源物」とは、金属、古紙、古布、びん、プラスチック等、リサイクル処理することにより、再利用できるものをいいます。
廃棄物の中にもこのような「再生資源物」については、分別収集しリサイクル業者まで運搬させていただきます。

「再生資源物」の排出が見込める場合、分別方法などリサイクルに関するお問い合わせも受け付けております。
是非ご相談を。
 

資源化可能な紙類のリサイクルについて

大阪市では、平成25年10月より、古紙の焼却処理が禁止されます。
その目的とは、「再生資源」として取扱い、
 ・製紙原料としての「原料の安定確保」
 ・木材(パルプ材)を繰り返し使う「資源の有効活用」
 ・新たに木材を使うことを抑える「森林資源の維持」
 ・ごみ焼却量の削減し、温室効果ガス排出量を減らす「環境負荷の低減」
が上げられています。

そのため、事業所での古紙分別にご協力をお願いします。

詳しくは、「大阪市環境局ホームページ」をご覧願います。